自己破産の手続き時間

MENU

自己破産の手続きにかかる時間

自己破産をするにあたり、裁判所えの申立にかかる時間はどのくらいなのか。

 

自己破産を司法書士事務所に依頼してから、裁判所に自己破産の申立てを行うまでにかかる時間は、それぞれ個人の事情により異なります。
例えば、お給料の差し押さえを受けていらっしゃる場合。
この場合は、出来るだけ早くに、自己破産の申立てを行う必要があります。

 

このように、ケースが違う場合があるので、依頼を受けた事務所では、依頼人1人1人の状況に応じて、対応する必要があります。

 

裁判所に申立てをしてから、免責がおりるまでにかかる時間

 

特に目ぼしい財産がない方の場合は、通常3ヶ月程度で終了します。
また、高額な財産を持っていらっしゃる方、ご自身で事業をされている方で管財事件となった場合は、免責がおりつまでに、3ヶ月以上の時間がかかる可能性があります。
大まかな書き方をするのであれば、早ければ3ヶ月程度、長ければ1年程度。
目安としては、3ヶ月〜半年程度かかるとみていただければと思います。

 

また、東京地方裁判所などの一部裁判所では、「少額管財事件」という制度を利用することで、長期かかる手続きを、3ヶ月程度で終了させるといったように、手続きが迅速化されている裁判所もあります。

 

※但し、この少額管財事件制度を利用出来るのは、弁護士を代理人に立てているときのみとなります。

 

このように、個人の状況によって、自己破産の手続きにかかる時間は異なります。
ご自身の状況と照らし合わせて、だいたいの目安を把握してみてください。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所