自己破産

MENU

自己破産の内容

借金を支払うことが出来ない経済状況のある人が行う手続きを、「自己破産」といいます。
自己破産は、裁判所に自己破産の申立を行い、借金の返済義務を免除してもらう、という手続きです。

 

但し、自己破産の申立をしたからといって、借金の返済義務が免除される訳ではありません。
免除されるかどうかは、裁判所での審査次第です。
裁判所では、自己破産の申立をした1人1人の事情を詳しく聞き、審査が行われることになるからです。
この審査の際に重要となるのは、次の3点です。

 

1.借金の内容

 

「債権者一覧表」という書類に、借り入れをしている会社を1社ずつ、借金をした理由とその金額、借金の返済状況など、これらの事情を記載します。
尚、借金をした理由が、パチンコやスロット、競馬といったギャンブル。
収入に見合わない買い物や旅行などの浪費である場合などは、特に詳しい内容について、裁判所に申告をしなければなりません。。

 

2.家計の状況

 

自己破産は「これ以上、借金を支払うことが不可能な経済状況にある人」に、限定されています。
ですから、現在の家計の状況を説明するため、全ての収入と支出を記載した「家計収支表」という書類を裁判所に提出します。

 

家計収支表を作成する為、更には、自己破産手続き後の家計を立て直す為、毎日の家計簿をきちんとつけていただくことをお勧めします。
こうすることで、毎日なんとなくお財布から出ているお金も、本当に必要な支出なのかどうか見極めることが出来るようになります。

 

3.財産の状況

 

どれだけ毎月の家計の状況が苦しくても、貯金が沢山ある場合。
不動産を所有している場合や、加入している生命保険が高額かつ積立金が高額になっている場合。
このように、高額の財産を持っている方については、当然ながら「借金を支払うことが出来ない経済状況」にあるとはいえません。

 

自己破産をする為に、自分名義の財産を家族や親戚名義に変更したいとご希望の方もいるようです。
ですが、財産を隠す目的での名義変更は、債権者に害を与えるものとして後々問題となります。
支払い能力があるならば、そういった行為は出来るだけ控えるようにしましょう。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所