債務整理

MENU

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所

債務整理記事一覧

法律家は沢山いますが、法律によって、それぞれ携わることが出来る業務は決まっています。弁護士でなないと出来ない業務や、弁護士も司法書士も両方出来る業務もあります。司法書士は、裁判所法第33条1頁第1号に定める訴額140万円を超えないものについて相談に応じることが出来、民事紛争についての訴訟や示談交渉を依頼者の方の代理人となって行うことが出来ます。一方弁護士は、そのような制限はなく、全ての事案について...

借金をした人が、これ以上は返済が無理といったような理由で、任意整理や自己破産といったような債務整理の手続を行うことがあると思います。この場合、気をつけなければいけないことがあります。それは、「保証人の債務整理」です。借金をした本人だけが、債務整理をすると保証人にどのように影響するか。それは、保証人も債務整理をしなければ、借金をした本人への請求が止まる代わりに、債権者が保証人へ請求することになります...

「子供は親の責任です」、という言葉があります。ですが、借金の場合は、親がその借金の連帯保証人になっていない限りは、子供がいくら借金をしようとも、支払義務は全くありません。ですから、消費者金融などから支払いの催促を受けた場合は、支払う意思がないことを、相手にハッキリと示しましょう。貸金業規制法に関する通達では『法律上支払い義務のない者に対し、支払請求をしたり、必要以上に取立ての協力を要求したりしては...

サラ金業者が、妻に対して夫の借金を請求してくることがよくあります。妻が夫の借金の保証人であったり、連帯保証人になっていれば、当然のこと。ですが、そうでなければ、「妻が夫の借金を支払わなければならない」というような法的義務は、ありません。その理由に民法761条『日常家事債務』について、夫婦の連帯責任を定めた規定があります。そこでは、夫婦の一方が、日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一...

ご自身で債務整理を行なうことは可能です。自分で手続きや交渉を行うことで、弁護士、司法書士等の専門家へ依頼することでかかる費用を抑えることが出来るのも事実です。ですが、やはり自分で手続きを行うのであれば、ある程度は法律をしっかりと勉強しなくてはいけません。勉強をしている間も、当然ながら、借金の返済をしていかなければなりません。それと同時に、貸金業者からの取り立てにも、対応しなくれはならないので、簡単...

債務整理をした場合、その情報が信用情報機関に、「事故情報」として、5年〜7年間登録されます。これは、俗に言う「ブラックリスト」と呼ばれているものです。一般的に、債務者として登録されてしまうことを、ブラックリスト登録などと呼び、実際に黒いファイルがあるのでは?そんなイメージが強いと思いますが、実際には、そのようなファイルは存在していません。私達が生活していく中で利用されるのがクレジットカード。高額な...

様々な借金がある中、マイホームや車などの税金の滞納をされている人もいらっしゃるのではないでしょうか。借金は、自己破産で解決出来ることがありますが、この「税金」については、自己破産をしても免除されることはありません。また、自己破産だけでなく、民事再生や特定調停を行った場合でも、減額されることはありません。重量税や固定資産税などの税金の滞納については、やはり市区町村の役所へ相談しましょう。税金の種類に...

自身の都合での退職や解雇などの失業が原因で、借金返済が出来ず困っている。司法書士事務所には、このような相談が寄せられることがあります。収入がなくなってしまったことで、借金返済の為に、今借りている業者に借り入れ枠を増やしてもらう。借金返済の為に、違う金融業者から新たに借金をする。そのように、毎月なんとか切り抜けている人もいるようです。ですが、「総量規制」が制定されて以降、多く借り入れをすることが出来...

「毎月、お給料を貰っているけれど、借金返済で生活が苦しい。」こういう人は、意外と多くいるのではないでしょうか。このような場合は、自己破産や民事再生などを行って借金を整理することで、余裕のある生活を取り戻していただくことが出来るのではないでしょうか。借金の返済が滞っていても、債務整理することが出来ます賃金業法という法律により、債務整理を弁護士や司法書士等に依頼すると、貸金業者が督促をすることは禁止さ...

借金を整理したい。でも、弁護士や司法書士へ依頼するときの費用が不安で、なかなか相談出来ないと、諦めてはいませんか?最近の法律事務所は、料金も良心的で、場所によっては無理なく分割払いが可能な事務所もあります。ですが、家計の状況が苦しく、分割でも厳しいという人は沢山いるのではないでしょうか。弁護士や司法書士に費用を払うのが難しい・・・その場合は、「扶助制度」を利用することで、費用を立て替えて支払っても...

債務整理が終わったら、それからは、借金のない生活を送ることになると思います。ですが、ここで迷うのが住まい。債務整理後の住居が気になるところです。ここでは、持ち家と賃貸住宅のご説明をします。賃貸住宅の場合現在お住まいの住居が賃貸マンションやアパートの場合、債務整理の手続き後もそのままお住まいになることが可能です。この場合、今まで家賃をクレジットカードで支払っていた場合は、支払方法を変更する手続きが必...

債務整理をしても、マイホームや車は残したい。そんな人の為に、その方法についてご説明します。<大切なマイホーム>債務整理の方法として、自己破産を行う場合、マイホームを手放す必要があります。住宅ローンが終わっていてもいなくても、手放さなければなりません。マイホームは、財産とみなされる為です。マイホームを手放したくない場合は、任意整理、特定調停を行ってください。そうして、住宅ローン以外の借金を整理するか...

債務整理をすると、大切な家族や会社に知られてしまうのでは。そう心配する人もいるうようですが、基本的には、知られてしまうことはありません。債務整理とは別に、任意整理がありますが、この場合は、家族や知人、会社などから借金をしていたとしても、相手を選ぶことが出来ます。ですから、その借金を対象から外してしませば、やはりこれも知られることはありません。特定調停は、家族に内緒で行うことはできますが、手続きなど...