マイホームや車を残す

MENU

マイホーム、車を残せる債務整理

債務整理をしても、マイホームや車は残したい。
そんな人の為に、その方法についてご説明します。

 

<大切なマイホーム>

 

債務整理の方法として、自己破産を行う場合、マイホームを手放す必要があります。
住宅ローンが終わっていてもいなくても、手放さなければなりません。
マイホームは、財産とみなされる為です。

 

マイホームを手放したくない場合は、任意整理、特定調停を行ってください。
そうして、住宅ローン以外の借金を整理するか、民事再生の「住宅資金特別条項」を利用するといいでしょう。
「住宅資金特別条項」とは、その名前の通り、住宅ローンに関する特別な条項、ルールのことをいいます。

 

また、民事再生の住宅資金特別条項を利用するためには、法律で定められている条件を満たす必要があります。
ご自身のケースで住宅資金特別条項を利用できるかどうか知りたいという方は、相談センターや法律事務所など、専門家にお問い合わせ下さい。
最近の法律事務所は、低価格で柔軟に対応してくれますから、考えすぎず、肩の力を抜いて相談してみましょう。

 

<車>

 

車のローンについては、まず、借金整理の対象から除く必要があります。
まだ、マイカーローンが残っている車を手元に残されたいという場合は、任意整理か特定調停を行いましょう。
ですが、自己破産や民事再生の場合は、ローン会社に車を返却することになります。

 

もうローン返済が終わっている車については、任意整理、特定調停、民事再生の場合、その車を手元に残す事が出来ます。
資産価値が20万円未満の車の場合、自己破産を行っても、手元に残せる場合があります。

 

大切なマイホームや車を残して借金整理を考え中の人は、やはりひとりで悩まずに、専門家に相談するのが一番の方法です

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所