債務整理

MENU

債務整理をすると保証人にどのように影響するか

借金をした人が、これ以上は返済が無理といったような理由で、任意整理や自己破産といったような債務整理の手続を行うことがあると思います。
この場合、気をつけなければいけないことがあります。

 

それは、「保証人の債務整理」です。

 

借金をした本人だけが、債務整理をすると保証人にどのように影響するか。
それは、保証人も債務整理をしなければ、借金をした本人への請求が止まる代わりに、債権者が保証人へ請求することになります。

 

借り入れをした際、保証人を付けていたのであれば、債務整理をする場合は、あらかじめその旨を説明しておく必要があります。

 

保証人に知らせないまま、自分だけが債務整理をすると、高い利息を含む借金を、保証人が支払わなければならなくなってしまいます。
ですから、保証人には、事前に事情をきちんと説明してください。

 

状況によっては、保証人も同時に債務整理を行う必要がある場合もあります。

 

但し、任意整理の場合、保証人付きの借入金だけを対象から外すことが可能です。

 

ですが、このような場合でも、債務整理を行うのであれば、司法書士などに相談してみてください。
保証人は、あなたを信頼して署名をしてくれた大切な存在です。
その人に迷惑をかけない為にも、どのような方法が自分にとって一番いいのか、専門家の意見を聞いてみるといいでしょう。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所