債務整理後の住居

MENU

債務整理後の住居

債務整理が終わったら、それからは、借金のない生活を送ることになると思います。
ですが、ここで迷うのが住まい。
債務整理後の住居が気になるところです。
ここでは、持ち家と賃貸住宅のご説明をします。

 

賃貸住宅の場合

 

現在お住まいの住居が賃貸マンションやアパートの場合、債務整理の手続き後もそのままお住まいになることが可能です。
この場合、今まで家賃をクレジットカードで支払っていた場合は、支払方法を変更する手続きが必要になってきます。
言うまでもなく、債務整理後は数年間、クレジットカードが利用出来ない可能性があるからです。

 

新たに物件を契約する場合、通常は問題なく借りることは可能です。
ですが、入居審査を兼ねた家賃支払い用のクレジットカードの作る必要がある物件があります。
このような物件への入居に関しては、家賃保証会社の保証を受ける必要があります。

 

持ち家の場合

 

マイホームをお持ちの方が自己破産を行う場合、まずマイホームは手放さなければならない可能性が高いといえます。
ですが、大切なマイホームを手放さなければならないからといって、すぐにでも出て行かないといけないということはありません。
賃貸住宅へのお引っ越しなど、次の住居を探す為の時間はありますので、ご安心ください。

 

賃貸住宅を探すにあたり、敷金や礼金、保証金などが必要となってきます。
状況的に見ても、まとまった費用が必要となりますので、その工面はとても大変かと思います。
UR賃貸住宅、いわゆる公団であれば、敷金・保証人などの初期費用が安いです。

 

ですが、UR賃貸住宅は、すぐに入れるというものではなく、申込から入居まで、一定の期間が必要となります。
マイホームを処分することが決まったら、早めの物件探しをオススメします。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所