債務整理の依頼費用

MENU

弁護士・司法書士へ依頼するときの費用が不安

借金を整理したい。
でも、弁護士や司法書士へ依頼するときの費用が不安で、なかなか相談出来ないと、諦めてはいませんか?

 

最近の法律事務所は、料金も良心的で、場所によっては無理なく分割払いが可能な事務所もあります。

 

ですが、家計の状況が苦しく、分割でも厳しいという人は沢山いるのではないでしょうか。

 

弁護士や司法書士に費用を払うのが難しい・・・

 

その場合は、「扶助制度」を利用することで、費用を立て替えて支払ってもらえる可能性があります。

 

「扶助制度」とは、依頼出来る弁護士をご存知でなかったり、裁判の費用がないという人の為に、弁護士紹介や裁判費用を立て替えてくれる制度のことをいいます。

 

扶助制度を利用する為に、収入の条件などがあります。

 

それを満たせば、弁護士や司法書士への費用を立替払いしてもらうことが出来ます。

 

この立替払いをしてもらった分は、月々5千円〜1万円の範囲での分割払いが可能です。

 

生活保護を受けていらっしゃる人は、この立替払いの費用の分割支払が免除される場合もあります。

 

弁護士や司法書士に依頼したくても、手元に費用がない。

 

そういった場合でも、借金問題を解決することは可能です。

 

ここで、その一例として、債務整理の中でも取扱の多い「任意整理をする場合の司法書士に対する費用」の説明をします。
任意整理をする場合の費用として、相談料・着手金・基本報酬・減額報酬・過払い報酬といったものがあります。

 

■相談料・・・弁護士または司法書士に相談をする際にかかる費用

 

■着手金・・・実際に依頼した場合、その依頼に着手する前に支払う費用

 

■基本報酬・・・金融会社などの借入先と交渉してもらう為の費用。
        通常は、1社あたりの金額で提示され、交渉先の数だけその報酬を支払います。

 

■減額報酬・・・借金の金額を減額出来た時に支払う費用。

 

■過払い報酬・・・今までの返済にかかった過払い金を取り戻せた場合に支払う費用。
 ※その他、書類のコピー代金など、事務処理にかかった費用などを実費で支払います。

 

一般的に、借入先と交渉して貰う為に支払う基本報酬は、3〜5万円。

 

減額報酬・過払い報酬は、20%前後のところが多いようです。

 

また、詳細な費用については、それぞれの事務所によって異なります。
依頼を考えている司法書士事務所がある場合は、事前に必ず確認し、納得した上で依頼をしましょう。

 

事務所によって、分割払いが可能なところもあります。

 

依頼者の経済状況に合わせて、無理のない分割払いや後払いを提案してくれるところもあります。

 

大切なことですし、そのように設定されている事務所であれば、柔軟に対応してくれるので、その辺りも遠慮なく相談するとよいでしょう。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所