妻が夫の借金を支払う義務

MENU

妻が夫の借金を支払う義務はあるか

サラ金業者が、妻に対して夫の借金を請求してくることがよくあります。
妻が夫の借金の保証人であったり、連帯保証人になっていれば、当然のこと。
ですが、そうでなければ、「妻が夫の借金を支払わなければならない」というような法的義務は、ありません。

 

その理由に民法761条『日常家事債務』について、夫婦の連帯責任を定めた規定があります。
そこでは、

 

夫婦の一方が、日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方はこれによって生じた債務について、連帯してその責に任ずる。
但し、第三者に対して、責に任じない旨を予告した場合は、この限りではない。

 

と、定められています。

 

ここでいう「日常家事」とは、生活必需品(食料や医療費など)の購入や、家賃・医療費・教育費の支出などのことをさしています。
ですから、夫が仕事上・職業上の都合で消費者金融などから借金をした場合や、ギャンブルなどを理由に借金したりする場合は、日常家事債務とはいえません。
一般的に、土地建物の売買に関しても、日常家事に関する行為とはいえません。

 

借金返済の為に、別の消費者金融などから借金をする人がいますが、これも日常家事に関する行為とはいえません。

 

消費者金融などから借金をする際に、「生活費として」「養育費として」という理由で、お金を借りるケースもよくあります。
仮に、実際にそういった使い道だったとしても、消費者金融などの債務は、非常に高金利であり、取り立ても厳しいです。
ですから、こういった場合に、夫の借金の支払いを妻に請求するのであれば、消費者金融業者は、事前に妻と保証契約を締結しておく必要があります。

 

こうした金融業者からから借金をするということと、親戚や友人から借りることでは、「行為自体の重みが違う」などの理由により、最近では、消費者金融業者からの借金は、その行為の客観的性質から見た結果、どのような場合でも、この「日常家事債務」には、該当しないものと考えられています。

 

今までのお話の内容で、お分かりになったと思います。
妻が夫の借金を支払う義務はありません。
もし、取り立てに来られた場合は、その旨をきちんと業者に伝えましょう。
そして、現状のままでは、夫がその借金を返済出来ないようであれば、早めに債務整理をする事が大変重要です。

 

ですが、それでも取り立てを続けてくる業者もいます。
その場合は、内容証明で警告するのがよいでしょう。

 

こういった悩みを、弁護士や司法書士に相談してみるのも、夫の借金問題の解決に向けて、とてもいい方法です。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所