任意整理の手続きにかかる時間

MENU

任意整理の手続きにかかる時間

任意整理は、債務者に代わって弁護士、司法書士が債権者と交渉を行います。
これは、債務者と債権者の間で和解契約を結ぶ大切なものです。
自己破産や民事再生のようにスケジュールが決まっていない為、1人1人かかる時間が異なります。
ですから、任意整理の手続きにかかる時間は、人それぞれ違ってきます。

 

債権者が取引明細を出してくるまでにかかる時間、債務者と債権者の両方が納得出来る返済プランが見つかるまでにかかる時間。
こういったことがスムーズにいけば、短い期間で解決します。
逆に、なかなかうまく進まなければ時間がかかってしまいます。
その為、手続きが完了する時間が人によって違うのです。。

 

通常は、弁護士や司法書士が、債権者に対して、「受任通知=○○さんの代理人となりました、取引明細を送って下さい」といったような通知を送ってから、2〜3ヶ月で取引明細が揃います。

 

この2〜3ヶ月という期間は、あくまでも目安です。

 

債権者から届いた取引明細を元に、利息制限法による引き直し計算を行います。
そうして、借金の正確な額を出した後、債務者がその借金を月々何回の分割払いでいくらずつ返済していくかという点を交渉します。
このようにして、任意整理の手続きを踏んでいくことになりますが、交渉にかかる時間は、個人の状況によって異なります。

 

良心的な事務所は、任意整理の進行状況を、随時報告をしてくれるところもあります。

 

今までの話を読んで、「任意整理って、終わるまで意外と時間がかかるんだな・・・」と、不安に思われた人もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに、かかる時間だけをみると、確実に決まっている訳ではないですし、長く感じるかもしれません。
ですが、煮に整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者と和解契約を結ぶまでの間は、債務者への返済や取り立て、及び督促はストップします。
そのような、精神的負担がまず緩和されますので、そこからご安心いただけたらと思います。

 

まずは、ひとりで悩まず、少しでも早く借金問題の専門家へ依頼する事がとても重要になります。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所