任意整理の詳細

MENU

任意整理の詳細

任意整理とは、弁護士や司法書士が、債務者の代理人となって、今後の返済方法について債権者と話し合いを行う手続きです。
話し合いがまとまれば、和解契約を結び、今後はその契約通り、借金を返済していただくことになります。

 

代理人は、返済する借金の金額、今後の返済方法、支払いの開始時期などを、債権者と話し合うことになります。

 

返済する借金の額

 

平成22年6月に貸金業法が完全施行されました。
その影響で、いわゆる「グレーゾーン金利」が撤廃されました。
ですかあら、過去にグレーゾーン金利で取引をされていた場合は、「引き直し計算」を行うことが出来ます。

 

グレーゾーン金利とは?

利息制限法で定められている年利15〜20%の「上限利率」と、出資法で定められている年利29,2%の「上限利率」の間の利息のことをいいます。
平成22年6月に、このグレーゾーンが撤廃され、出資法の上限利率が年利20%に統一されました。
その為、今後の新規借り入れについては、このグレーゾーン金利の問題は発生しません。

 

引き直し計算とは

金融業者などが、利息制限法の上限利率を上回る利息でお金を貸し付けている場合に、その取りすぎた利息分を、元本に充当し直すというものです。

 

「業者が取っていた利息が高い=過払いの利息が多い」
と言えます。
ですから、取引期間が長ければ長いほど、業者が利息を取り過ぎている、債務者は、利息を払い過ぎているということがいえます。

 

これらの事情を踏まえた上で任意整理を行うとき、まず金融業者などから、
「最初に借金してから現在に至るまでの明細」
を、貰ってください。
それを見て、グレーゾーン金利で取引をしている場合は、引き直し計算を行い、返済すべき借金の額を確定させる必要があります。

 

今後の返済方法

返済方法としては、大きく分けて2つあります。
「一括返済」と「分割返済」での返済方法です。
この場合、分割払いでの返済を希望される人がほとんどかと思いますので、ここでは分割返済の方法についてご説明いたします。

 

分割返済は、たいてい2年〜3年の分割支払いという形で、和解を行うことになります。

 

ですが、近年では、金融業者などに対する相次ぐ過払い金返還請求や、平成22年6月に施行されたグレーゾーン金利の撤廃の為、金融業者などの経営状態が悪化し、もっと短期で完済して欲しいと要求してくるケースも考えられます。

 

債務者側は、任意整理をすることで、今後の分割返済について利息をカットして元本のみの返済と出来るということが大きなメリットです。
ですが、この点について、少しでもいいから利息をつけて欲しいと主張する業者も出てきているようです。

 

また、こういったことを司法書士事務所へ相談以来をすると、今後の返済回数や利息カットなど、出来る限りの交渉をしてくれます。

 

支払いの開始時期

 

借金を返済する金額と、今後の返済方法が決まったら、今度は、いつから返済を開始するかを決めます。
返済開始時期としては、和解した月の翌月からというように、例えば1月に和解したのであれば、2月から返済開始、ということになります。

 

このように、少し余裕をもってを決めることになります。

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所