特定調停

MENU

秘密厳守!全国対応!弁護士事務所

相談は無料ですし、全国対応でどこに住んでいても対応してくれます。メール相談は24時間受付していますので、まずはメールを送ってみてください。

<<メール相談は24時間受付・全国対応>>

誰にも知られず相談・対応してくれる事務所なので相談すると貴方の負担は確実に減ります。

やはり担当者との相性などありますので、、2つ以上の事務所にメールで相談を投げかけてみて、その対応が自分にあっている所を選ぶのが弁護士選びのポイントです。


借金問題に強く24時間365日無料相談受付なら⇒サンク総合法律事務所

女性専用窓口のある事務所なら⇒新大阪法務司法書士事務所

特定調停記事一覧

弁護士や司法書士に依頼して借金の解決をする方法はいくつかあります。ですが、債務者と債権者の間に、調停委員に入ってもらい今後の借金返済の方法について話し合いをする手続きもあります。これを、「特定調停」といいます。特定調停は、あまり知られていない手続きかもしれません。この、特定調停は、自己破産や民事再生を行うほど借金の返済に困ってはいない・・・でも、1日も早く完済したいという方や、返済の負担を少しでも...

特定調停の手続きを行う場合もやはり、ある程度の費用はかかります。通常、特定調停の手続きは、債務者本人が手続きを行うものです。弁護士や司法書士に依頼することは特にありません。特定調停は、「費用が安く済む」というメリットがあります。。そのメリットを生かす為にも、弁護士や司法書士に頼らず、ご自身で手続きを進めていくようにしましょう。特定調停にかかる費用は、管轄の簡易裁判所で若干の違いがあります。おおよそ...

特定調停の手続きかかる時間は、一般的には、2〜3ヶ月程、時間がかかります。特定調停は、債権者が和解に応じなければ成立しません。ですから、債権者の主張内容によっては、手続きに時間がかかる可能性があります。特定調停のデメリット特定調停のデメリットとしては、債務者が直接、裁判所へ出向かなければならない点です。申立や調停の為に、最低でも2回は最寄の簡易裁判所へ行かなければなりません。また、利用しているキャ...

特定調停の手続きを行う際に必要なものがあります。以下の書類をご準備いただくことになります。ただ、特定調停を申立てる裁判所によって、多少異なる可能性がありますので、裁判所の指示を仰いでください。<戸籍謄本>今の時点で、本籍をおいている市区町村の役所で請求してください。<住民票>今現在、住民登録をしている市区町村の役所で、請求してください。この場合は、個人だけでなく、【家族全員が載っている分】を請求し...

特定調停に関する注意点がいくつかあります。特定調停は、債務者ご本人に裁判所に出向いていただく必要があります。裁判所は、平日の日中しか開庁していません。ですから、平日にお仕事をされている場合は、お仕事の予定を調整しなければならないなど、少しご負担になってしまうかもしれません。弁護士や司法書士に特定調停を依頼した場合は、債務者の代わりに裁判所へ出向いてもらうことも可能です。返済プランは必ず守る!特定調...